皮膚の老化と酸化 4

今日は、紫外線による活性酸素の発生とその対策についてお話しましょう。

1.活性酸素が発生する要因 

活性酸素が体内で発生する要因は日常生活に潜んでいます。

紫外線と皮膚

 

紫外線を浴びると、皮膚を守ろうと体内の活性酸素が活発化します。

身体は、紫外線を防ぐためにメラニン色素が発生しますが・・・。

しかし、紫外線で活性化された活性酸素によって、表皮の細胞が傷つけられます。

そうすると、細胞内のミトコンドリアも傷つけられるので、ここから大量の活性酸素が発生し、メラニン細胞が破壊されます。

こうなると表皮の底に、メラニンが還元されなくなって残り、シミの原因となってしまいます。

2.コラーゲンと皮膚の弾力

コラーゲンは皮膚の弾力を保つための大切なタンパク質です。

このコラーゲンも紫外線によって上に書いたような仕組みで酸化されると、皮膚の弾力が失われシワのできやすい状態になります。

 

3.白内障と紫外線

また、近年の研究では白内障の原因に、紫外線によって水晶体内に発生した活性酸素が上げられています。

 

4.活性酸素から身体を守るには

活性酸素を活発化させないために紫外線から身を守りましょう。

3月になれば、もう紫外線の量は増加します。

日焼け止めクリームや日傘、サングラスなどを使って、防衛しましょう。

 

次回は、喫煙と活性酸素です。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ